経験豊富な税理士が働いている事務所は安心

この記事をシェアする

魅力と繫忙期の乗り越え

税理士の仕事

税理士の仕事の1年にわたる予定は、法律で定めた年末調整や確定申告についての申告する期日が決まっていることから、該当する月に行う予定に基づきます。
季節ごとにする仕事は、法人の企業の年次の決算で、決算月から2か月の月に該当する月にと、顧問先の会社従業員の年末調整業務を年末から年始にと、個人の事業主の確定申告の業務を2月から3月半ばにすることです。
毎月に行う仕事は、顧問先の会社をまわって、月次監査を行います。
経理の担当者が行っている、会計ソフトに入力している内容などが正しくできているか等のチェックになります。
ある日の売上げが100万円売り上げていたら、その請求書等を確認して、会計ソフトに会計仕訳の入力が正しくされているかどうか等も確認していきます。
その場合、「売掛金/売上高 100万円」と正しく会計仕訳されずに、入力や金額が間違っていた場合は修正してもらう仕事等もあります。

会計ソフトのチェック

税理士が、会計データを顧問先の経営者に報告する業務もあります。
毎月において、全部の勘定科目について会計資料と会計ソフトの入力データとの照合作業を行います。
顧問先の会社の会計ソフト他のチェックが済めば経理の担当者に報告して、月次の試算表データをその経営者に報告することになります。
データを見て、その会社の今後の方向性や節税に対する対策等の相談を受けることが多いので意思疎通が大切になります。
基本的に月次監査は月1回行うため、担当している顧問先の会社の数の分、顧問先を訪問することになります。
税理士の日常は、1つの月次監査に数時間程度を要するため午前中から大体顧問先2社程度を済まして事務所に戻り、夕方頃から事務所内での仕事を行うスケジュールです。


Topへ
戻る▲