経験豊富な税理士が働いている事務所は安心

この記事をシェアする

機に因りて法を説け

仕事の広がりを感じる

税理士の仕事の面白さがわかってくるのも、ようやく3年目ぐらいからのようなもの。
担当する得意先の会社が増えるタイミングもあって、仕事できついにしても仕事の面白さや、やり方が理解できる時期が大切です。
得意先の会社経営者からの信頼もでき、意思疎通も感じながら質問されたり、自分なりの説明の仕方や資料作成の方法も試行錯誤で、税理士の仕事にオールマイティに従事できる自負もできます。
年齢に関わらず20代や30代の若年でありながらもコンサルタント業務として、年配の経営者から経営についての重要案件を直接に相談される仕事に大いに自信が持てるし、様々な繋がりから仕事のひろがりを実感するかもしれません。
経営などにも興味があり、企業の中での仕事に積極的に関わりたい人には、税理士事務所での相対的な仕事にやりがいも持てるでしょう。

モチベーションに必須と思うこと

税理士事務所の労働条件が規則上においても実際にはどういうものなのかについては、税理士事務所で働く人は数人から数十人程度の規模のところが多いので、有給や福利厚生の充実を求めても業務上難しいし、自分自身の仕事をこなすペースも、抱えている仕事量に関係して仕事の質の重視からも、希望ばかりが言えない状況でもあるでしょう。
零細企業であると謙遜しないとしても、大企業のような労働条件までにはいかないかもしれません。
近年は税理士事務所が人手不足であるとされ、従前より労働条件が改善されているようです。
就業時間については、数十名程度のやや大きめの税理士事務所では一般的な企業と同じような基準で、午前8時半前後からの始業で午後5時半前後のまでの休憩を含めた9時間程度拘束した勤務が基本です。


Topへ
戻る▲