毛穴は緩めてから優しくケアするのが大事

毛穴の汚れはいつの時代になっても気になりますよね。

私は毛穴をきれいにするために、今まで色々なものを試してきました。

高価なスチーマーだったり、毛穴に効きそうな化粧品だったり。

少しでも効きそうなものがあればと思ったら すぐに使って試す。

それが私の拘りでした。

でも何を試しても結局のところ、毛穴はすぐに詰まってしまう。

それ以上に肌に負担までかけてしまうから、せっかく綺麗にしたと思っていた毛穴も台無しになってしまうのです。

本当にどうしようもないくらいに荒れ果てた自分の肌。

その肌を見て、逆に自分はこう思いました。

弄り過ぎてるから何も治らないのかな、と。

考え直してみれば、確かに毛穴って弄れば弄るほど見た目が酷くなってしまうんですよね。

表面上では綺麗にしたつもりでも、肌内部では大きな摩擦やダメージが加わって、シミやシワの原因にもなってしまうということに気づかされました。

そんな恐ろしいことが起こっているのは危険だと思い、私はすぐに行き過ぎたスキンケアをやめることにしました。

でもそれでもやっぱり、毛穴の詰まりは気になってしまうもの。

なので多少の肌断食をしつつ、毛穴の汚れが顔から徐々に浮き出てくるのをひたすら待ちました。

もうこれはひたすら、ただひたすらとしか言いようがありません。

毛抜きで抜けそうだな、とれそうだなという感じになったら、あとは紙コップに沸かしたお湯を入れて顔を優しく蒸します。

そして徐々に毛穴がゆっくりと開いてきたら、早速毛抜きの登場です。

ちなみに毛抜きは安いものでも、毛がちゃんと抜けるものであれば何でも構いません。

蒸気でグラグラになった毛穴の角栓や汚れを、毛抜きの刃が肌に触れないように気をつけながらゆっくりと引き抜きます。

慎重にやれば失敗はしません。

私はこの毛穴ケアを一ヶ月に一回のみ行っています。

それ以上だと返って肌を痛めるので絶対にしません。

毛穴の汚れは、少し我慢して成長させてから取る。

無理矢理取るのだけは禁物です。

一月に一回のゆっくりペースでの毛穴ケアを是非お勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *