経験豊富な税理士が働いている事務所は安心

経験豊富な税理士が働いている事務所は安心

機に因りて法を説け

別に仕事に怠慢なタチではないと自覚していても、どんなものか不安なところ。 知り合いの噂やネットの情報等で小耳にはさむと、ちょっとブルー。 労働の対価に見合った給料といえるのかちょっと心配になっても仕方がない。 仕事に当たって砕けろでも、草食系で大丈夫。

税理士の仕事はきつい?

一般的なイメージからすれば、税理士は、小回りのきく臨機応変な人が求められているようにも。
税理士事務所での最初の1年はきついと感じても、どの職種も同じで、翌年以降は途端にやり易くなるのは何故だ、の世界です。
原因として毎年同じサイクルで回る仕事は、サラリーマンにもあって、特に決算期などに合わせて他の業務の進行も営業の進め方も変わってくるところは同じかもしれません。
税理士事務所で働く場合、数十件程度の得意先の顧問税理士として担当し、得意先の会社の経理上のチェックや決算税務申告等の業務を代行する基本業務があります。
税理士事務所への就職や転職を考えている場合、毎年同様の仕事の繰り返しになることがもっと顕著であるので、自分の特質に向いているかも関係します。
サラリーマンでも会社の経理関係などでは、毎日、毎月、そして毎年同じ処理の仕方を継続しないといけません。
1年目も2年目も仕事自体はほとんど同様の形式で処理していきます。
1件の得意先の会社の決算業務の経験があれば、その内情などにも通じ、処理の仕方で考えたり迷ったりもありません。
経年の資料を調べれば、同じ処理を踏襲することで切り抜けられることもあり、特記事項は長年仕事についている人に聞けばわかります。
仕事がきついと感じるのは、得意先の変更や、従前と違う特別な処理がある時などです。
自分の仕事での成長と、得意先の会社数の増と、得意先の会社の規模の増大も、今後見込めるとするのが一般的です。
規模が大きくなれば、会社の従業員も増え、取引内容もレベルアップしますので、職務も複雑になります。

労働環境の基本

税理士等の士業は大抵、土日祝日が休日のところが基本であって、そうすれば1か月に20日程度の出勤日になるのが一般的です。 事務所によっては、休日出勤などについて繁忙期に土曜日が毎週出勤になるケースも。 税理士事務所によっては従業員の大半が税理士試験の受験生である特殊な環境で、税理士試験期間には特例も。

魅力と繫忙期の乗り越え

税理士事務所の仕事は、楽とはいえないようです。 離職率も高く、繁忙期には多大な残業の発生も仕方ありません。 税理士事務所で働いた経験は、会計他でのキャリアアップには活かせることは確実です。 仕事の魅力は、どう自己実現に役立てるかにも関わるかもしれません。

Topへ
戻る▲